Ring the Heart
配布中blogテンプレート一覧 : 利用規約をよんでね◎

Twitter : Follow me !!
Love it. : クラシックカメラで撮った写真たち
《裸眼》 unaided vision : 現在進行中の写真プロジェクト
あんにゅい。 : 個性派Webテンプレート / お題, 質問素材 etc...
ふたりごと : 彼とふたりで文章書いてます *
2016/03/11 (Fri) 23:53
又吉が芥川賞を取ったとき
遅まきながら芥川賞が純文学の作品に
与えられる賞であることを知った。
『火花』はひとつひとつの表現が
本当にゾクゾクするほど面白くて
なんなんだこの作品は!て衝撃を受けたけど
純文学?と思って調べてみたら
小説には純文学と大衆文学があることも分かった。
私は小さい頃からずっと
小説を読むのが好きだったけど
小説にそういう傾向の違いがあること
ハッキリとは分かってなかった。
お母さんが昔、直木賞を取った小説の方が
ずっと面白いよと言ってたのが
今はなんとなく分かる。
直木賞は大衆文学=エンタメ系の作品に
贈られる賞なんだね。
私はそういうジャンル分けの話って
実はあんまり好きじゃないんだけど
ふと私が好きな作家さんは
どちら寄りなのだろうと思って
それもまた調べてみたら結構純文学寄りだった。
私が愛してやまない村上春樹も三田誠広も
綿矢りさも純文学だったし
自分が「これはすごい...!」て震えてしまう作品は
どうやら純文学に多いらしいことが分かって
これから小説を選ぶ時の目安になりそう。
ちなみに純文学の定義も調べてみたけど
あんまりハッキリした定義はないみたい。
現代が舞台であることと、筋書きよりも
文章の芸術性に重きを置いていることと
人間がいかにして生きるかということが
テーマになっている作品のこと。
ふーん、ですよね。
でも確かに私はそういう作品が好きです。
小説に限らず映画でも
ストーリーの展開はさほど気にしてなくて
ぐだぐだとした人間の生き様を
ひたすら垂れ流してくれている作品が好き。
そこから何かしらの哲学を感じるのが好き。


一方私がエンタメ系で好きな作家さんといえば
辻村深月、伊坂幸太郎、東野圭吾で
言われてみれば本当に
3人とも筋書きが凝ってますよね。
調べてる流れで偶然見かけて面白かったのが
辻村深月の小説で私が一番好きな
『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』を
純文学っぽいと評している人が結構いて
結局私は純文学っぽいやつが好きなのかーと
なんだか笑ってしまいました。
でも基本的にミステリーはエンタメ系ですね。


そういう傾向に関わらず
気になった本はどんどん読んでいきたいけど
私がいつも小説に求めている「味わい」が
あるのはたぶん純文学の方なんだって
気付けたことは大きな収穫で
今ちょっと、純文学の文学賞を受賞してる作品を
片っ端から読み始めてみているところ。
きのう、映画の方ではピカイチに素晴らしい作品に
出会えてかなり興奮したので
本の方でも自分の頭がスコーンとなるような1冊に
新しく出会えたらいいなぁとワクワクしています。

;) | comments(0) | -
2016/02/18 (Thu) 00:19
毎年痩せる痩せるって言ってて
ほぼオオカミ少年状態なのですけれど
今年は例年とはちょっと違う予感がしています。
去年の10月からまた一念発起で始めたダイエット
その時決めた第1次理想体重と体脂肪率に
今もうかなり近付いてきていて
波があるのでまた戻るかもしれないけど
今はとりあえずあと1kg!
この前久しぶりに会ったお父さんにも
「なんやほっぺたがスッとしたなぁ!」て言われて
まぁうちのお父さんは元々
娘をベタ褒めしてしまうタイプなので
あまりアテにはならないような気がするけど
でも嬉しかったですありがとう。


2月は1週間ほど横浜を離れて
奈良に帰ったり結婚式に行ったり長崎旅行したり
美味しいものたらふく食べまくったので
(毎日2500kcalくらい食べてたw)
2kgくらいポーンとリバウンドしたんだけど
面白いね、自宅に帰って数日で
ちゃんと元に戻ったよ。
本当に食べた分の質量分増えてただけだったのかなw
何はともあれ安心しました。


こうなってくるとさらに欲が出ちゃうよね。
第2次目標もそろそろ設定したくなってきた。
友だちも一緒にがんばってるから
余計楽しくダイエットできてる気がするよ。
これからも引き締めボディ目指してがんばろー!
;) | comments(0) | -
2016/02/03 (Wed) 00:50
私は旦那さんがきっと人生で一番どん底のときに
旦那さんを好きになった。
だからなのか、だからじゃないのか分からないけど
旦那さんのどんな些細な”できること”にも
私は誇らしさでいっぱいになるし
すごいなぁ頑張ってるなぁって
びっくりしたり尊敬したりする。


反面、私はどうだろう。
17歳のあの日から私は一体
何ができるようになったんだろう。
積んできた経験分、少しくらい
心が広くなったり頭が柔軟になったりはしてるかな。
でもあの頃から劣化してる部分だって当然あるし
特に成長しているわけではないような気がする。
謙遜とかそんなんじゃまったくなくて
私はちゃんといつだってベストを尽くしてきた自信があるから
私にとってベストな瞬間がずっと横ばいになっているだけで
それは成長とは違う。
そして、それはあくまでも私のベストであって
旦那さんにとってはそれがベストじゃないこともある。
私は今完全に旦那さんに甘えていると思う。
今私が正社員じゃない働き方を選べているのは
100%旦那さんのおかげだし
本来ちゃんと家計を半分は負担すべきなのに
今の私にはそれができてない。
その分家事は進んでやるようにしてるけど
そんなの当たり前すぎて持ち出すこと自体がナンセンスだ。
私にはハッキリ負い目がある。
そしてそれを解消しようとしていない。
今すぐにでも元の職場に復帰すれば
それが解消できると分かっている。
それでも好んで今の働き方を選び続けている。
旦那さんに負担をかけていると分かっていても
それでも。


旦那さんは、二人で暮らしていけるだけの稼ぎが自分にあるなら
それでいいというかそこに対して私に求めるものは
特にないんだと言ってくれる。
私はその言葉が本当に、涙が出るほどありがたくて
私が今の生活をさせてもらっているということに対して
旦那さんに頭を上げられる日は一生こないと思う。
それくらい深く感謝してる。
だって不公平だもの。
私だけこんなにわがままなの。
旦那さんにとっては明らかに不公平だもの。
その不公平を呑んでくれているのだもの。
そしてそれが今の私のベストで
私はそれをこれから少しずつでも
二人のベストにしていけるように動きたい。
私が今の働き方で、昔と同じくらいのお金を稼ぐこと。
もしくは、旦那さんがもっと快適に仕事できるように
私なりの全力でサポートすること。
夫婦といえども自分の幸せは自分で面倒見るべきというか
自分でしか切り開けないものだと思ってるけど
それでも二人が幸せなほうがいい。
”私が幸せ”の中にある”二人が幸せ”の場所をもっと広げたい。
わがままな上に欲張りでほんと
申し訳ないからベストを尽くそう。
あしたもあさっても、ベストを尽くそう。
;) | comments(0) | -
2016/01/26 (Tue) 01:38
2年前の今日(1/25)は
旦那さんがプロポーズしてくれた日。
「もう」と「まだ」のバランスが良い
こんな気持ちでずっといられたらいいな
ずっとはないから、余計そう思う。
思うことで初めて、叶う気がする。


この前旦那さんが月9を観ながら
「ゆーちゃんがいなくなったらって考えるだけで耐えられない」
みたいなこと言ってくれて
「いなくならないよ」って言ったあと
旦那さんがいつもふざけて私のこと
「なんかいる(笑)変な生き物いる(笑)」って
笑ってるの思い出して
いつもそう言ってるやんって付け足したら
「いなくなるかもしれないから、いる今を喜んでるの」
って言ってた。
それってとても私たちの基本というか
命の限りがある者の宿命というか
心から、正しいことだって思えたんだ。
私たちは、いつかすべてを失くしてしまうから
何かが今この手にあるのだとしたら
その今を精一杯喜ぶのが、一番正しい。
私たちはこれからもそうやって正しく生きていく。
その事実にとても励まされるし
正しさなんてちっとも欲しくないから
だからあなたとのずっとをくださいって
泣き崩れてしまいそうにもなる。
どちらも本当で、どちらも怖くて
でも私の手をずっと握っていてくれるあなたがいて
だから、どちらでも構わない。
正しくても正しくなくても
悲しくても悲しくなくても
それを一緒に感じるあなたがいるなら
私はどちらでも構わない。
;) | comments(0) | -
2016/01/03 (Sun) 04:02
理想通りじゃなくていいんだ。
うまくいかないことがあってもいいんだ。
私にはどんな私でも笑って肯定してくれる
あなたがいるから。


ささいなことだけど
旦那さんから大切にしてもらってるなって
感じることがとても多くて
恵まれてるなあ幸せだなあって
思うしそれだけで終わりたくないなとも思う。


なんだか今とにかく
旦那さんに何かしたくてたまらないし
このエネルギーを何かに変換したいし
旦那さんが私に一番してほしいことって
そういえば何なのかなあって
考えてもまったく分からないし
あした起きたら聞いてみようかな。
そう思って、今日はおやすみ。
;) | comments(0) | -
2016/01/01 (Fri) 02:31
今年は全部計測可能な目標にしました。


・週に6日踏み台昇降運動をする
・あすけんを毎日続ける
・週に3日は9時に起きる
・年に50本映画館で or 年に100本DVDで映画を観る
・月にXX万稼げるようになる


踏み台昇降は去年の秋からほぼ毎日やってて
目標にも毎日って書こうかと思ったんだけど
朝早く出かける用事とか旅行とかあると
できないので安全圏を狙うことにしました。


あすけんっていうのは栄養管理アプリで
ダイエットアプリでもあるのだけど
食べたものをとりあえず正直に入力し続けて
食生活をより良いものにしていきたいです。


9時起きはある意味私の悲願ですね。
自他共に認める夜型人間なので
今は毎日昼起きです。
長年の習慣を変えるのは容易ではないので
まずは午前中に起きることを目標に。


映画は去年目標にしていて
とても楽しくクリアできたのでもう1年。
ただ、今年は過去の作品もしっかり観たい気がして
50本映画館 or 100本DVDのどちらかを
途中までは決めずにやってみようと思います。


XX万は私の中では具体的な数字があって
28歳は仕事を頑張ると決めたこともあるので
ここらへんで叶えるべきかなあと思いました。


新年明けてみるとやっぱり背筋が伸びるというか
気持ちの良いものですね:)
今年もワンランク上のじぶんを目指して
できることからやっていきます。

;) | comments(0) | -
2015/12/27 (Sun) 03:57
恋愛記事の仕事で惚気る人の心理について調べてた時
本当は不安があるからとか
本当は上手くいってないのを隠したいからとか
そういうことばっかり出てきたんだけど
なんかピンとこなかったんだよね。


私はしあわせの小爆発を起こすことは度々あるけど
いざ惚気なさいと言われると
何を言えば良いか分からなくなって
うまく惚気ることができないタイプで
だから正確には惚気る人の心理が分かるわけではない。
でも少なくとも旦那さんのこと好き!て言う時とか
人前で旦那さんのことを褒める時って
純粋にすごいなぁと思ったり
ありがたいなぁと思うことがあったから
そう言うんだよね。
私の周りでパートナーのこと話す人たちもみんな
大体そんな感じに見えるし
何より本当はしあわせじゃないのに
そう見えるように振る舞うってさ
ちょっと考えただけでもものすごくしんどそうじゃない?
言ってるそばから虚しくてたまらなくなりそうだし。
私ならそんな面倒なこと絶対しないな。
ストレートにつらいって言うよ。
それか別に何も言わない。


もちろん分かるよ、人間には見栄があるね。
だから人よりしあわせに見られたいっていう
その気持ちが惚気を言わせてるっていうんでしょ?
まぁそれもなくはないとは思うけど
少なくとも私の周りはそうじゃないな。
だってその気持ちに囚われている限り
その人のしあわせは全部他人との比較になっちゃう。
あの人はアルバイトだけど私は正社員だからしあわせ。
あの人は結婚してるけど私は独身だからしあわせじゃない。
そんなの心底ナンセンスだよね。
私は私の大切な人たちがそんな他人を軸にした生き方を
しているなんて思いたくないし
していてもそれは本人の自由だから
大変だねえって思うだけだけど
何がしあわせかなんて人によって違うのに
人を判断材料にしても的外れになってく一方だよ。


だから一般的に良いとされてることを
しあわせだと思える人ばっかり
生きやすい社会ではあるよね。
一般的なしあわせ像にピンとこない人は
周りからあの人かわいそうねって思われることを承知で
じぶんのしあわせをつくらなきゃいけないからね。
不公平だよね、でも私はそんな世界の不公平さが
とても好きなんだよね。
こんなに圧倒的な世界すら、決して完璧ではないんだから
私たち人間ひとりひとりが完璧になることなんて
できるわけないんだって安心するし
そもそも完璧になることが目的ではないんだって
なんとなく、思わせてくれるでしょう。


あれ、惚気の話どこいった?
まぁいいか...とにかく私は
惚気話を聞かせてくれる人がとても好きなんです。
じぶんもなるべく惚気たいって思うし
そうやって誰かを大切に思う気持ちが
堂々とあふれる世界であればいいなと思います*



;) | comments(0) | -
2015/12/17 (Thu) 01:05
欲しいものを手に入れるのなんて簡単だ。
お金か運か努力かあるいは、そのすべてがあれば良い。


今ならなんでも出来る気がするっていう
定期的にくる万能感に包まれていて
ふとそう思うけど
この圧倒的な幸福感が
定期的に訪れること自体
もしかしたらとんでもない幸運なのかもなって
思ってなんだかもう良くわからない。


こうなると私はとにかく
今を生きてることが楽しくって仕方ないし
しあわせだなぁ、ああしあわせだなぁって
始終にやけっぱなしだし
じぶんが望んだどんな未来にだって行けるし
世界のすべてが私の追い風だ。
なんだかもうまったく良くわからないくらい
キラキラしたものが心の底から噴き出してくるんだ。
改めて文字にしてみるとさ
本当に馬鹿みたいだよね。
でも本当なんだから仕方ないよね。


このスーパーポジティブモードが
いつまでも続くように毎回、祈る。
けど続かないことは、もう知ってる。
ここ数年で、スーパーまではいかなくても
基本のテンションがポジティブモードにはなってて
大体いつでもフンフン♪て鼻唄くらいは
歌えるくらいの気分でいられるし
もしいつか基本がスーパーポジティブモードになったら
さらなるエクストラポジティブモードが
発動してしまうかもしれないし
きっとたぶん、そんな感じで
良い感じともっと良い感じの間を
私はずーっと行ったり来たりするんだろう。
それってすごく、しあわせだと思うんだ。

;) | comments(0) | -
2015/12/04 (Fri) 01:41
もうだいぶ前なんだけど
初対面の人にインタビューされる機会があって
「1日の流れを教えていただけますか?」
「流れ...起きたいときに起きて、食べたいものを食べて、思いついたことをやって、眠くなったら寝ています」
「へえ...」
失笑かな、笑われたけど(笑)
たぶんとても気を遣って
「でも毎日毎日じぶんでやりたいようにやっていくって、案外しんどくありませんか?」
と聞かれて、確かにそれはあると思った。


人間、学校に行くとか会社に行くとか
毎日これだけはやらなくちゃってことがないと
すぐになんで生きてるのか分からなくなる。
ある程度そういう、何も考えなくても
自分はこれさえやってればいいってもので
縛られていることが、生きやすやに繋がっている。
今の私にはそれがないから
じぶんの気持ちひとつで生きていく必要がある。
それがしんどい人もいますよねって
インタビュアーの人は言ってくれたんだと思う。


それに対して私は
「仕事をすること自体は好きだけど、決められた時間に決められた場所へ週に5日も行くのが嫌で嫌でたまらなかったんです、だからそれをやめようって思っただけなんです」
ってこのブログでもさんざん言ってきたことを答えて
でもそのあと他の話を色々しているうちに
またインタビュアーさんに言われたんだよね。
「毎日を自由に思いつきで過ごしたいって思いが強いのに、次の日に着る服とか行く場所とか行動スケジュールを結構細かく前日に決めてますよね。あと毎日日記を書いたり、読んだ本と観た映画を全部アプリで管理してたり、毎晩ごはんをインスタに投稿してたり、家計簿も。そういう記録をつけるの大好きなんですね」
おお!?わー、ほんとだ!って本当にビックリした(笑)
言われてみれば私、じぶんのありとあらゆることを
日々色んな形で記録しているし
このインタビュー当時はまだ始めてなかったけど
今は栄養管理アプリで翌日の朝食から夕食まで
前日のうちに入力してその通りに食べるってことに
快感すら感じちゃってるし(笑)


面白いよね、結局私はじぶんに縛られることなら
ウェルカムなのよ、むしろ進んで縛ってるの。
インタビュアーさんとのこの日の結論は
「周りに縛られたいかじぶんに縛られたいかの違いだけで、人は誰しも縛られたがっている」
に落ち着いてそれもまた面白かったんだけど(笑)
来年はもっと、私
じぶんでじぶんを管理することになると思うんだ。
そういうじぶんになりたいって思うから。
そう望んでいるじぶん自身が私には新しい発見で
改めて自由になるということの奥深さを見ました。


自由は自律の上にある。
自分を律することのできない人の言うそれは
ただの自暴だ。
私はちゃんと自由になってみせる。
生涯のテーマだね。

;) | comments(0) | -
2015/11/28 (Sat) 03:54
ひとつ前の記事で2015年を振り返ったから
今年のはじめに立てていた目標の答え合わせも
サクッとしてしまいましょうね。


◎ 映画を50本観る。
◎ 月に1回図書館に行く。
△ 2日に1回踏み台昇降運動をする。
△ 5kg痩せる。
◎ 会社を辞める。
× 辞めても今の月収の半額は稼ぐ。
◯ 可愛いひとでいる。


今年はかなり良かったですね。
明らかにできてないのは稼ぎの面だけ。
△をつけた踏み台昇降運動は
春と秋以降はほぼ毎日やっていたので
夏にサボってしまった分の△。
5kg痩せるのは目標にしたくせに
何kgスタートだったか忘れてしまったことと
秋になってから5kgはさすがにまだだけど
3kg痩せたのでまぁまぁ頑張ったねの△。


逆に、これはよくできました!なのが
今年はたくさんあって良かったな。
まず映画は本当に順調に週一で映画館に通って
心から楽しかったし刺激になった。
図書館も結局途切れることなくずーっと
2週間に1回以上のペースで通えたし
(ちなみに11月までで読めた本は約80冊でした)
会社もね、辞めますって言ったら
想像以上に引き止められて一悶着も二悶着もあったけど
理想として掲げていた
「1月末で出社は終えて2月いっぱいは有給休暇」を
最終的にはそのまま実現できたし。
上々ですよ!そして私はまだまだいけますよ!


なんてったって、これだけたっぷり振り返っておいて
まだ12月きてないんですからね。
さっきの記事にも書いたけど12月はボーナスステージだよ。
もっと遠慮なく、もっと思い切って
もっと楽しんで、もっと羽根を伸ばして
なりたい私になっていこうね。


;) | comments(0) | -