<< ほんのわずかだよ、でもかけがえのないものだよ。 | HOME | 改めてそういう方向性で生きてきた自分に感謝した。 >>
2018/05/20 (Sun) 15:08
なんでもいいよ。
どうでもいいよ。
そう思えることが心地よい5月。
ずっとね
あれがいいあれじゃなきゃイヤだダメだって
自分でもなんでそこまで?って思うくらい
いろんなものに執着してきたから
それがなくなると人生の温度はグッと下がる。
けど外の気温が高い日には
それくらいがちょうどいいこともあるよね。

なんでもいいよ。
どうでもいいよ。
歌うように考える5月。
たまにはギアをローに入れて
徐行運転したっていい。
そしたら周りの景色が見えるし
息だってつける。

涼やかに肌を撫でる風。
柔らかいヴェールのように揺れる木漏れ日。
伏せたまつ毛で感じる陽射しのきらめき。
芽吹く緑の色濃い香り。
遠くまで透き通る小鳥のさえずり。
五感を満たす生命、生命、生命。

なんでもいいよ。
どうでもいいよ。
この圧倒的な美しさの前ではもう
私はすべてを許せてしまう。
そんな生命が私の中にもちゃんとある。
世界と自分が溶け合って
ひとつの健やかな生命であると思える。
この圧倒的な万能感の前でただ
ただ、私は幸福を噛み締めている。
;) | comments(0) | -
2018/10/27 (Sat)
- | - | -




COMMENT


POST A COMMENT