<< バセドウ病と診断されました。 | HOME | 私はそれを、愛だと思うから。 >>
2017/05/28 (Sun) 01:35
執着は捨てたほうが、楽になれるという。
ダイエットはやめたほうが、楽になれるという。

でもそれって、逆じゃないかしら。
たとえばダイエットに執着して
理想の体型を手に入れたとする。
ファッションを楽しめる。
自分が好きな自分でいられる。
私はダイエットを成功させたんだという自信も生まれる。
コンプレックスが解消される。
どうです、楽になれるでしょう。

もちろん、ダイエットをやめたほうにだって
好きなものを食べられる。
好きなだけ食べられる。
幸せは待っていると思う。
でもコンプレックスは残されたまま。
食べても結局罪悪感があって、楽になれない。
私の場合はそんな感じです。

だから私は執着を捨てない。
ダイエットに限らず、執着を捨てない。
諦めたらそこで終わりと思っているわけではない。
終わればまた別の何かが始まるだけであって
本当に終わらすなら死ぬしかない。
死んでもなお死後の世界とやらが始まるかもしれない。
それなら私は今に執着しているほうが
ずっと良い、ずっと楽しいって思うのです。

あの優しい人たちを好きでいること。
0.38mmの黒のジェルインクで日記を書くこと。
緑色を愛すること。
食事をきちんと管理すること。
晩ご飯を作ったら記録すること。
エトセトラ、エトセトラ。

私はこれからも、執着し続けていきます。

;) | comments(0) | -
2017/11/12 (Sun)
- | - | -




COMMENT


POST A COMMENT