2010/09/25 (Sat) 15:48
もう きのうは探さないでよ
僕は今日にしか立てなくて
君といる あしたを選んだのだから


もう きのうは戻らないでよ
もう 僕を惑わさないでよ
僕は今日しか生きなくて
貴女といる あしたは来ないのだから


産んでくれたこと
愛してくれたこと
感謝してるんだよ


だから僕は あしたへ行かなくちゃ


さよならじゃないから
また会えるから
僕はもう 行くよ
poem | comments(0) | -
2010/03/24 (Wed) 21:18
スーパーで レジのかご
カップ麺 山積みのサラリーマン
あのひとが幸せでありますように
祈った私は偽善者なのかな
ただ 私の中の悲しみが
あのひとの中の悲しみの波長を
拾っただけだと思うんだよ
悲しみは共鳴する
静かな叫びと
悲痛な哀れみを
ともなって


ひと目見ればわかる
こちら側の人間だと
悲しみは同調する
馴れ合いは無い
同族嫌悪
静かな葛藤と
悲痛な慈しみを
たずさえて


本当は 誰も皆
こちら側の人間だと


あなたの腕の中で
そっと深呼吸してみたとき
あなたの素肌に触れたとき
私は確かに 今
この世界と繋がっているのだと


知った


悲しみは尊重する
ひとが生まれるその意味を
あなたと生きるその意味を


静かな幸福と
あたたかな涙が
今、頬を、伝う。
poem | comments(2) | -
2009/06/09 (Tue) 04:21



さしだされた手なら

つかめばいいと思うよ




みっともない泣きべそがおで

ありがとうって言えばいいと思うよ




あの優しいひとたちに

私ができる たったひとつのことだよ





  
poem | comments(0) | -
2009/06/03 (Wed) 02:27


沈黙は鳴り響く



すべての宇宙は蚊帳の外
私はひとりで蚊帳の中
私だけは宇宙ではない
そう思い込んでいたあの頃



沈黙は鳴り響く



それは切ない鈴の音で
りりんりりんと遠く深く
私の脳を支配する
私はこちらで ひとりになのに



沈黙は鳴り響く



嗚呼 うるさくてたまらない
どうか止めて この音を止めて
もうわかったから
ひとりにしないで



沈黙は鳴り響く



音の溢れる世界では
決して聴こえない音がある
そう だから



沈黙は鳴り響く



今日もあなたに 伝えるために



  
poem | comments(0) | -
2008/12/22 (Mon) 01:42

周りの目とかさ 気にしないで

生きれたらいいね そう思ってた

だからボクの この左手を

見えると言って欲しい

キミにだけは。



  
poem | comments(0) | -
2008/08/13 (Wed) 02:23
[ 夢の降る街 ]

夢の降る街で
傘も持たないで
歩き続けた

私はドブネズミのようで
それでもまだ人間で
在り続けた

どこへも向かわず
どこへも戻らず
歩き続けた

頬を伝うものを知らず
夢を掴むこともせず
ただひたすら人間で
在り続けた

あたたかな人間で
在り続けた

したたかな人間では
在れなかった

夢の降る街で
傘も持たないで
歩き続けた

ただひたすら人間で
在り続けた


  
poem | comments(0) | -